SLOWグループのミッションステートメント

 

『サロンで経験を積んだスタッフの将来に対して会社は何を用意できるのか』

 

これはSlowというブランド展開を考える際に非常に大切なテーマです。

 

『サロンワークを学び、技術を学び、活躍できる人材を育成し利益をあげる』

通常サロン運営で目指すラインはそこですが

  • 年齢を重ねて体力が落ち、売上が下がる
  • 育児や介護で短時間勤務になる

これらの出来事に対し、従来の経営では適切な対応が困難でした。

しかしこれは誰しもに必ず訪れる出来事であり、「これがこの業界の常識」で終わらせてはいけません。

 

事実多くの優秀な人材が出産や介護を理由にこの業界を去ってしまいます。

   

今 私たちは時代の転換期にいます

 

もはや労働市場に人は溢れていません。

日本の経済規模も人口も縮小していくこれからの時代に、これまでと変わらず沢山の顧客を集めサロンを増やす前時代のビジネスを展開したとして、その会社に従事している人たちが得られる経済的メリットは少なく、将来不安が勝ります。

 

弊社が今取り組んでいるのは、欧州のような働く人を中心に考えたビジネスモデルへの転換です。

 

弊社では

  • Slowの無計画な拡大
  • 石巻以外の場所へのSlow出店

を行いません。

 

これまでのように判で押したような無個性のサロンを増殖しても潤うのは会社だけ。働く人の楽しさに繋がりません。

 

それよりも

サロン以外の新しい活躍の場』を創造する事に経営資源を投資し、そこで得られた技術やノウハウを現場に還元できる仕組みを作る事の方が働く人の労働環境改善に貢献できると考えています。

 

弊社ではSlowというサロンブランドの運営と並行し、将来活躍する場として美容関連ウェブメディア運営などの多角経営を進めています。

 

美容や癒しの仕事が好き』な人が、それを安心して追求できる会社を目指して。

Slowはゆっくりと進み続けます。

 

創業当初 震災直後のサロン
創業当初 震災直後のサロン

 

ーー Slowブランドポリシー ーー

 

【働く人】:好きを追求し、学べる場

【お客様】:利用する価値があるサービスを体験できる場

 

ーー Slowブランドミッション ーー

 

美容 癒しのしごとを

 

若いうちしかできないしごと

から

長く、楽しく、続くしごとへ

 

それがSlowが目指す形です

 

株式会社KORE E-SPE(これいーすぺ)

代表取締役 佐藤和弘

取締役&オーナーセラピスト 佐藤美和

 


事業内容


  • Slow系列サロン運営(BtoC)
  • 美容情報インターネットメディア運営(BtoB)
  • 美容商材インストラクター事業(BtoB)

 


代表役員プロフィール


【職歴】

  • 高校卒業後、富士重工業株式会社航空宇宙事業部入社。大型旅客機ボーイング777初号機の制作に携わったがホームシックですぐに退社。
  • 地元の工場で勤務
  • 結婚を機に大型トラックの長距離運転手へ転職(震災により退職)

 

【会社での経歴】

  • 運転手時代にRelaxationSpaceSLOWの立ち上げに参加
  • 震災後SLOWの経営面を担当。
  • 2012年4月 SLOW恵み野店立ち上げ。
  • 2013年4月 株式会社KORE E-SPE設立。代表に就任。

 

【担当業務】

ウェブ関連、経理、企画営業、サロン運営管理

 

【座右の銘】

出発の決意 既に勝利

人のふり見て 我がふりなおせ