脱毛機の種類

脱毛と一言で言っても実は色々な種類があります。

使用する機械によっては産毛や色素の薄い毛には反応が弱かったり、痛みが強かったり、、、

 

ここではエステティックサロンでケアできる代表的な脱毛方、IPL、SSC、SHRの各脱毛方式について説明します。

もっとも多い IPL方式

大手脱毛サロンだけでなく、中にはクリニックで採用している事例があるほどメジャーな脱毛方式です。

一昔前までは「光脱毛=IPL」と言ってもいいほど一般的で歴史の古い脱毛法です。

【IPL脱毛機の特徴】
 IPL脱毛機は、光が黒に強く反応するという特性を応用した脱毛法です。

毛の黒い色(メラニン)に光が反応し、毛が熱の通り道となって毛乳頭(毛を作り出す組織)に熱を伝達。

毛乳頭組織が熱によるタンパク質変異などにより機能が弱体化。

結果、毛を生やす機能が徐々に失われ、脱毛、減毛を促すと言うものです。

  • クリニックで行うレーザー脱毛やニードル脱毛と比較すると痛みが大幅に軽減
  • 脱毛に使用する光自体に美肌効果あり
  • 毛周期サイクルに合わせてケアする必要がある。(2〜3ヶ月に1回)
  • 年間4〜6回程度/同一部位 のケアしかできないので、完了までに2〜3年の期間が必要(部位により異なり、個人差あり)
  • 黒に強く反応するため極端に色が黒い場合脱毛ができない(やけどの危険)
  • 色素沈着がある粘膜部位は脱毛できない(やけどの危険)
  • ホクロや濃いシミはテープなどで隠す必要有り

大手も採用するSSC

【SSC脱毛機の特徴】

最近では大手サロンも採用しているSSC方式。

スムース・スキン・コントロールの略です。

まずはじめに肌にジェルを塗布してから光を照射。するとジェルに含まれる抑毛成分、ジェルビーンズが毛穴に浸透。

毛根に対して脱毛を促します。

 メリット
  • IPLよりさらに熱による痛みが少ない
  • IPLより肌負担が少ない
  • IPLより産毛にも高い効果
 デメリット
  • IPL同様、毛周期に合わせた来店が必要

次世代脱毛のSHR

【SHR脱毛機の特徴】

SLOWで採用しているSHR方式。

連射式と言われたりもしますが、ほとんどの連射式はIPLの光を連続照射する機械で、それとは違います。

毛の黒い色素(メラニン)に反応し、毛を熱の通り道として利用するIPLと違い、毛穴全体の毛包に弱い熱を連続照射で蓄熱。毛乳頭の活動を徐々に弱めます。

 

 メリット
  • IPL同様、光に美肌を促す効果あり
  • IPL、SSCのように毛周期サイクルに効果が影響されにくい
  • 年間12回以上脱毛ケアが可能で完了までの期間がIPL、SSCと比較し最大半分に短縮
  • 弱い熱の連続照射で痛みが大幅減
  • IPLで効果がない白髪のヒゲや体毛にも効果的
  • IPLが苦手な産毛にも効果的
  • ケアにかかる時間が大幅短縮(全身1時間以内)
 デメリット
  • 脱毛機(マシン)自体の価格が高額
  • 導入サロンがまだ少ない
  • 回数自体はIPLやSSCと同程度必要