· 

「身体のゆがみ」につけ込むウソ

お客様から頻繁に聞かれる

 

「私の身体って歪んでますかね?」

の質問

 

 

 

 

大体が、どこかの医師ではない「先生」に言われたとの事

 

 

 

 

結論から言いますと、歪んでおります。

 

 

 

そして完全な前後左右左右対称な人など(恐らく)いないと思います

 

(いたらスミマセン涙)

 

 

参考までに、ゆがみとは、姿勢不良(マルアライメント)と呼ばれます。

 

何が問題かと言えば、例えば姿勢不良が原因で消化器官が圧迫され機能が低下してしまったり、静脈やリンパ節が圧迫され浮腫みや冷えを併発したりとその影響は多岐に及びます。

 

勿論マッサージなどで筋肉がほぐされたり、筋膜の癒着が緩和されたり、姿勢に影響は少なくありません。

 

 

しかし

 

 

そもそも骨格筋は、強い筋肉に引っ張られてしまう傾向があるので、何より必要なのは

 

「トレーニング!!」

 

です。

 

 

 

マッサージで 歪みをとる?

 

トレーニング無しで?

 

どうやって??

 

 

 

そう、一時的な効果はあるかもしれませんが、根本的な原因解決手段としてマッサージを選択する事自体が間違いだとSLOWは考えます。

 

 

なので、

「骨盤矯正してください」

「歪みを治してください」

 

というリクエストに対し、SLOWができるのは、ストレッチや筋肉のほぐしだけ。

後は日常生活でできるプチトレーニングやストレッチのアドバイス、という事になります。

 

 

 

そもそも、身体は歪みたくて歪んでいるのではありません。

 

「必要だから歪んでいるのです」

 

 

 

パーツで見れば歪んでいても、全体を見ると全体のバランスが保たれるように「歪み合い、支え合って」います。

 

勿論関節などに病理的原因がある場合は適切に病院で治療が必要です。

 

靴のサイズやハイヒールと歩くとき用の靴を使い分けたり、ウオーキングやランニングで足を鍛えることもおすすめです。

 

そして姿勢に影響を与えるのは「日常の身体の使い方」。

 

つまり、「癖」を意識して治す事も非常に有効です。

 

 

 

 

 

左右が完全なシンメトリー(左右対称)を保つには、利き腕、利き足が無く、日常生活において完全な左右の差が無い動作をし、更に専属のパーソネルトレーナー指導の元最新の測定機材を使用した左右の運動量の完全な一致のトレーニングを行い、調整しても恐らく不可能です。

そもそも内臓自体がアシンメトリー(左右非対称)。

 

そうです。完全に近い姿勢を手に入れる事は可能ですが、標本の様な完全な姿勢は無理ですし、手に入れる必要もありません。